腕時計の歴史に日本のセイコーは欠かせない

| コメント(0) | トラックバック(0)
腕時計の歴史に日本のセイコーは、外せません。
腕時計の歴史は古く、最古の記録は本場のスイスから始まります。
その後、ブレスレットに付けたもの、という腕時計が出てきますが、携帯型の主流は懐中時計でした。
懐中時計は、ポケットから取り出して時間を見なければいけない為、機敏性や便利性に欠けていました。
いつでも迅速に時間が確認できる!と、懐中時計から腕にはめる腕時計に流れを変えたのは軍隊でした。
初めて量産された腕時計の歴史の記録に、ドイツ皇帝が海軍用に腕時計を2000個製作させた、と残っています。
そんな歴史をもつ腕時計ですが、業界に革命的な出来事がおこります。
1969年、日本の企業、セイコーの世界初のクォーツ腕時計「アストロン」の発売でした。
クォーツとは水晶の自然振動を利用して時間をはかる技術で、セイコーはその小型化に成功、腕時計の正確さを飛躍的に革新させました。
これをクォーツショックといいます。
それまで腕時計は「ゼンマイ式」が主流で、職人さんの技術が必要だったため、経費がかかり、高級なものでした。
セイコーのクォーツの発売により、安い腕時計が量産可能になり、しかも正確であるということで、子供でも腕時計を持っている時代になっていきます。
現在では手軽で高機能なクォーツ時計と、熟練された職人さんによる技術が見直され、ステータスにこだわった高級ゼンマイ時計と、腕時計は棲み分けが出来ています。
燃費を重視する営業車とステータスを重視する高級車と同じですね。
腕時計の歴史の一部に日本の企業の名前が挙がるのは嬉しいことです。
そんなセイコーは今年100周年を迎えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://whitepack.jp/mt/mt-tb.cgi/399

コメントする

このブログ記事について

このページは、トキワ荘が2013年9月 6日 13:39に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ダニエルウェリントンの時計が人気の理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。